暑中お見舞い

暑中お見舞い

暑中お見舞い
年賀状と違って、出す人が少ない「暑中見舞い」
自分という人間を知ってもらうのには、よいアイテムかもしれません。

暑中お見舞いとは、
相手の健康を気遣う便りを出し、お互いの近況を報告しあう、挨拶状です。

「おーい元気かあ~」「元気だよ~」ってノリで送ればいいのです。


【出し方】

「暑中」というのは、二十四節気の「小暑(しょうしょ)」と「大暑(たいしょ)」にあたる期間のことをいいます。(大暑の次が「立秋」)

したがって、
暦でいうところの「小暑」の日から「立秋」の前日に出すのが暑中お見舞いとなります。

おおむね7月7日から8月7日までの間。


但し、「立秋」の日からは暦の上ではもう秋。
どんなに暑くても夏休み真っ盛りだろうと、暑中見舞いでは、いけません。
8月8日以降に出すときは「残暑お見舞い」になります。


【内容】

「暑中お見舞い申し上げます」とか「暑中お伺い申し上げます」という定型文で書き出せば、後は比較的自由に、近況や、プライベートな事などを書いてもいいです。

また引越し、転勤、結婚、出産などのお知らせ的内容も兼ねることが出来ます。

又、絵葉書に簡単な挨拶を添えるだけでもOK。

最後に日付をいれましょう。

日付の書き方は「平成○年 盛夏」又は「○○年○月」とします。

但し、日本全体的に冷夏なのに、「盛夏」と書くのは少々配慮が足らないということになるので、その時の気象状況も考慮する必要があります。



Page: 1

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0