残暑見舞い

残暑見舞い
残暑お見舞いとは、
相手の健康を気遣う便りを出し、お互いの近況を報告しあう、挨拶状です。

時期によって、暑中になったり残暑になります。


【出し方】


残暑お見舞いを出す時期は、
一般に、立秋を過ぎてから、処暑の候(8月23日~9月8日頃)までが目安といわれています。

但し、郵便局の「かもめ~る」で送る場合はくじの抽選日前に届けたいので、8月中に届くように送るのが礼儀でしょう。

【内容】

基本的に、暑中お見舞いと同じ形式です。

「残暑お見舞い申し上げます」
という定型文で書き出せば、後は比較的自由に、近況や、プライベートな事などを書いてもいいです。

最後に日付は、
「平成○年「晩夏」又は「立秋」又は「葉月」
簡単に、「○○年○月」でもOK。



TOPPAGE  TOP 
RSS2.0